スポンサードリンク3

元IT業界の伝統産業メーカー専務が選ぶ仕事道具ビジネスツールサイトトップ >リラクゼーション | 1,000~4,999円 >> LED フレームレスキャンドル(Flameless Candles)を買いました

2012年07月15日

LED フレームレスキャンドル(Flameless Candles)を買いました

フレームレスキャンドルFlamelessCandles01

仕事の(自宅の)作業効率を上げるために、アロマは不可欠!という私は、色々なタイプの癒しを求めてグッズ購入をしてきましたが、やっとこの商品に辿り着きました(笑)。

楽天市場のフレームレスキャンドル最安値

アロマには、キャンドル、線香、オイル(ロウソクor電動式)、というようなタイプがある中で、それぞれにメリット・デメリットがあります。

最初は、オイルでした。アロマポットを火で温めるタイプ。
これは、ロウソクの持ちが短かかったり、オイルや水を注いだりという難点があり、断念!
けど、雰囲気はこのタイプが一番好きです^^

そして、線香。これも頻繁に火をつけなきゃ、という手間で断念。
キャンドルはかなりGOOD!だったのですが、コストが高い><!続かない!
そして、オイルの電動式。これなら、イニシャルは高いけど、手間とか大分省けるぞー!と期待していたのですが、大事な要素を忘れておりました。それは

騒音!

癒されたいのに、この機械音はないよなー、というトホホな見切り発車(笑)。
まー、部屋が狭いという事もあるのでしょう。

そんなこんなで、この商品です!
こいつは、今までのメリット・デメリットをミックスしてよいところで線引きしてくれました。

スポンサードリンク4

フレームレスキャンドルFlamelessCandles03
見た目はアロマキャンドルでしょ?実際、香りもしますし、表面はキャンドル(ワックス・蝋)です。

そして、灯りがLEDなのです。
本体の裏側に電池を入れるボックスとスイッチがあります。
フレームレスキャンドルFlamelessCandles04

火を使わないので、本や書類がある机の上などでも安心!
そして、火を使わないってことは・・・そう!蝋が減らない(笑)。
コストパフォーマンスがいい!
嬉しいじゃあないですか!

灯りは、「ゆらぎ」があるので、かなりリアルです。
フレームレスキャンドルFlamelessCandles02

これはなかなか愛用できそう!

デメリットは、1本だけだと暗いです。
私は暗い中で瞑想して集中力をあげるタイプなのでよいですが、通常のキャンドルのような使い方をしたい場合は、複数がおススメです!

2,000円以内のコストですが、それ以上の表現ができそうなのでプレゼントにも良いですね☆


楽天市場のフレームレスキャンドル最安値
フレームレスキャンドルFlamelessCandles01


スポンサードリンク5

トラックバックURL